書評でつながる読書コミュニティ
  1. ページ目
詳細検索
タイトル
著者
出版社
ISBN
  • ログイン
  • facebookログイン
  • twitterログイン
無料会員登録

96 PV
レビュアー:
自律的組織を作るための基本的な考え方がわかる本。具体的なアクションをするには自分の頭を頼りにするか、他の書籍で更に学習するのが良さそう。
今回この本を下記のようなことの回答を期待して読んだ。

- 経営者として組織作りに取り組む上で何をすべきか?
- 社員だったりアルバイトだったり個人事業主という立場に関係なく、よく機能する自律的チームを作るにはどうしたら良いか?
- 人にものを頼むのが苦手なのをどうやって克服した良いか?

結論を言うと、ズバっと具体的な施策としてアクションが見えてこなかったが、会社という組織における人のモチベーションというものの姿が少しだけ見えた気がする。

「経営者として組織作りに取り組む上で何をすべきか?」という点については、あまり見えてこなかった。ただ、この本によるとカリスマ経営者がいれば一時的に収益を上げてビジネスを成立させることはできるが、ほとんどの経営者は凡人なので、部下やチームのちからを引き出す力が必要になる、ということは同意。

自分の能力値などたかが知れていて、せいぜい一般的プレーヤー1.5か2倍くらいの成果が出せるのが限界じゃないかと思う。すると経営者がやるべき仕事とは、自分の作業の能力値を上げることではなく、チームの成果を最大化することであることはわかる。

でもどうやら基本的に、部下やメンバーというものは受け身であるのが普通らしい。最低限度の関与だけで「自律的であって欲しい」と期待するのは見当違いなのかも知れない。

社員だったりアルバイトだったり個人事業主という立場に関係なく〜っていう点については、ハッキリした結論は出せていないけども、アルバイト社員が給料もでないのに率先して仕事をしていた、という事例がのっていて、チームの仕事に熱中するのは、契約形態や立場とは関係がないかも知れないと思った。

契約形態や立場が違うから、自律的に機能することを期待出来ない、って割り切るのは、誤りがあったかも。実はそれとは逆で、アルバイト社員や個人事業主だったりしても、本人のモチベーションをあげられるような仕事の仕方であれば、自律的に動いてくれるし、そういう流れで熱中する社員が増えていくのかもしれない。そこはちょっと今までになかった視点があった。

人にものを頼むのが苦手なのをどうやって克服した良いか?という点について、これも具体的な手段はわからないけど、自律的チームというものは頼まなくてもやってくれるという状態なのかな。例えば、ある人が京都へ行きたいと思っているのなら、勝手に京都に向かうはずだよねと。そういう状態を作れればそもそも頼みづらいことを頼むっていうのは減るかもしれない。

今回読んだ結果、なんとなくモチベーションや自律ってこういうもんかーくらいの理解は得られた気がする。具体的なアクションは自分の頭次第をいうところかな。

次にやりたいと思っているのは、メンバーがどういうモチベーションで仕事をしていて、うちの会社でそれをどう実現出来るのだろうかという点を吸い上げたい。近々経営合宿を開こうと思っているので、そこでワークショップやろうかな。



お気に入り度:本の評価ポイント本の評価ポイント本の評価ポイント
掲載日:
外部ブログURLが設定されていません
はらだあつし さん 本が好き! 3級 (書評数:6 件)

WEB・ソフトウェアの月額制受託開発をやっている「株式会社もふもふ」の代表取締役兼エンジニア。東京にオフィスがありながらエンジニアは京都にいたりと、ユニークで新しい働き方に取り組んでいます。経営者やマネージャー向けのビジネス書の書評多め。
mofmof inc. http://www.mof-mof.co.jp/

読んで楽しい: 1票
参考になる: 4票
あなたの感想は?
投票するには、ログインしてください。

この書評へのコメント

  1. No Image

    コメントするには、ログインしてください。

書評一覧を取得中。。。
  • あなた
  • この書籍の平均
  • この書評

※ログインすると、あなたとこの書評の位置関係がわかります。

『魅力的な組織を創るリーダーのための「自律」と「モチベーション」の教科書~大手企業がこぞって導入する新しい人材育成メソッド~』のカテゴリ

登録されているカテゴリはありません。

フォローする

話題の書評
最新の献本
ページトップへ