書評でつながる読書コミュニティ
  1. ページ目
詳細検索
タイトル
著者
出版社
ISBN
  • ログイン
  • facebookログイン
  • twitterログイン
無料会員登録

134 PV
レビュアー:
注目した記事 ①ハリルホジッチ「日本には革命が必要だ」 ②手倉森誠「リオ経由ロシア行きのマスタープラン ③ハビエル・アギーレ「あれから一年が経った。色々と話そう」ほか
ハリルホジッチが日本チームにとっていい監督なのかどうかは自分はまだ分からない。すごく熱心だし理論家だし説得力もある。ただ見守って応援しているだけです。自分としては監督と選手達との間にはギャップを感じています。それが何なのかは分かりませんけど。

リオ五輪を決めたU-23日本代表監督・手倉森誠には注目しています。アジア最終予選の戦いの渦中での手倉森誠の指揮〜選手たちの把握、対戦相手の把握、試合の戦い方〜は素晴らしかったし、決勝での対韓国戦での落ち着きは手倉森誠の可能性を感じました。自分はもう日本代表監督は日本人でいいのでは?と思っています。彼の選手たちとのコミュニケーションを見ると、もはや日本人監督でワールドカップを戦って欲しいと思える。そのときの一番手は手倉森誠です。

一番面白かったのはアギーレのインタビュー記事です。私はアギーレの戦い方が好きだったので、どんなことを今考えているのか知りたかった。やったもん勝ちみたいなスペインの告発が問題の端を発しているけど、サッカー協会の対応をどう考えているのか?香川なんかが代表でやっていて一番楽しめたって語っていたから、アギーレなりの日本サッカーの見方を知りたかった。

今アギーレはUAEのアルワハダというチームを率いている。アルワハダの広報は「アギーレはすごくいい監督です。練習のレベルも高い。選手への接し方も素晴らしい。ところで、なぜ日本はアギーレを手放したんです?」という。
アギーレ「日本で過ごした時間は、私の人生の中において忘れられない半年間だった。素晴らしい選手たちがいて私たちは着実に成長していた。〜」「日本人の持ち味は規律だ。4時にミーティングだったら3時半には全員が部屋にいる。メキシコ、スペイン、アラブ諸国ではこれが直前か少し後になる(笑)」
聞き手「どのようなスタイルを目指した?」
アギーレ「それまでの日本代表は、タッチ数の多いポゼッションスタイルだった。〜日本でもバルサのパスサッカーへの傾倒を感じたものだ。しかし、あれはバルサの選手かいなければ不可能。〜大事なのは抱える選手に応じたスタイルを構築すること。日本人には抜群のアジリティ(敏捷性)とスピードがある。これを活かさない手はない。縦の速さを加えようと、よりダイレクトにゴールに向かう姿勢を重視した。」

これ以降の何人かの選手達への見方やアドバイスが続く。それは省略します。
聞き手「大仁会長は当初あなたを擁護してましたが、批判を乗り切れなかった」
アギーレ「日本の国民性や文化も影響しているのだろう。この件は裁判ですらなく、45人が聴取されている段階にすぎない。あの後私にも多くのオファーが届いた。これまでのところ聴取はたった一度15分だけだ。私の立場はクリアだし、このまま何も起こらず終結する可能性もある。〜これも人生。時に想像もできないようなことが起きるものだ。」

アギーレは今も可能な限り日本サッカーを見続けているという。別れ際アギーレはこう漏らす。「明日、もし日本サッカー協会が電話をくれたら、私はすぐにでも日本に行く。あの半年間で日本の選手達、日本の文化は私の心を動かした。日本は母国メキシコに次ぐ第二の国。いつか、どんな形かわからないが日本サッカーに関わりたいと思っている」
アギーレの今の気持ちや考え方が知れて嬉しかったです。
お気に入り度:本の評価ポイント本の評価ポイント本の評価ポイント本の評価ポイント
掲載日:
外部ブログURLが設定されていません
トンボ玉 さん 本が好き! 1級 (書評数:203 件)

2009年10月から母の介護に関わってきましたが、四月末に母は旅立ちました。暫くはレビューを挙げるのを控えたいと思います。喪に服するというよりも六年以上に渡って内向きに生きてきたので、読書数を減らして運動したりアルバイトでもいいから仕事してそれらに没頭したくなりました。いずれまた参加させていただきます。
2016.5.4(2014.8.10初投稿)
⭐️5・・・買って手元に置いときたい。刺激受けました。
⭐️4・・・読んで良かった。読書の喜びを感じる。
⭐️3・・・ウン、なるほど。参考になりました。
⭐️2・・・感心しません。最後まで読み続けるのを悩む。
⭐️1・・・読めません。基本的にレビューしません。

読んで楽しい: 1票
参考になる: 8票
あなたの感想は?
投票するには、ログインしてください。

この書評へのコメント

  1. No Image

    コメントするには、ログインしてください。

書評一覧を取得中。。。
  • あなた
  • この書籍の平均
  • この書評

※ログインすると、あなたとこの書評の位置関係がわかります。

『Number(ナンバー)898号 指揮官ハリルホジッチの設計図 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))』のカテゴリ

フォローする

話題の書評
最新の献本
ページトップへ