書評でつながる読書コミュニティ
  1. ページ目
詳細検索
タイトル
著者
出版社
ISBN
  • ログイン
  • facebookログイン
  • twitterログイン
無料会員登録

193 PV
照月 さん
レビュアー:
11本の論文集です。「東西の名著、奇書にたどる人類知」と帯にあります。
正に読む人を選ぶ一冊ですね。

「プラトンの近代校訂本」納富 信留。

「中世の聖遺物礼拝と文書」 杉崎 泰一郎

「ダンテ『神曲』の世界」藤谷 道夫

「世界を読み解く一冊の本」松田 隆美

「キリストの系譜の視覚表象」 原島 貴子

「フランチェスト・コロンナ」伊藤 博明

「情報の玉手箱」鷲見 洋一

「収集と解体」徳永 聡子

「生物・言語・写本」 三中 信宏

「江談抄」佐藤 道生

「源氏物語系図の世界」佐々木 孝浩

以上の論文を掲載しています。(敬称略)

何故か4本目の論文名を本のタイトルにしています。

プラトンから源氏物語まで。

世界を読み解く、東西の名著、とあるので

ギリシャから日本まで扱っているのは、

当然と言えば当然なのだが。

こうして幅を広げると、

底が浅くなってしまいがちなのだが、

本書にはそれがない。

どの論文もそこが深い。

だが、専門知識がないと読めないと言うほどではないので、興味を持たれた方はチャレンジしてみるといいと思う。

個人的には、「ダンテ『神曲』の世界」が面白かった。
掲載日:
外部ブログURLが設定されていません
照月 さん 本が好き! 1級 (書評数:280 件)

本が好きです。ノンフィクションが中心です。ビジネス書、歴史、文学関係の本を読むことが多いです。ネットの時代ですが、本を読むことを好きになる人が増えてくれればよいと思っています。よろしくお願いします。

参考になる: 7票
あなたの感想は?
投票するには、ログインしてください。

この書評へのコメント

  1. No Image

    コメントするには、ログインしてください。

書評一覧を取得中。。。
  • あなた
  • この書籍の平均
  • この書評

※ログインすると、あなたとこの書評の位置関係がわかります。

『世界を読み解く一冊の本』のカテゴリ

フォローする

話題の書評
最新の献本
ページトップへ