書評でつながる読書コミュニティ
  1. ページ目
詳細検索
タイトル
著者
出版社
ISBN
  • ログイン
  • facebookログイン
  • twitterログイン
無料会員登録

185 PV
yuko さん
レビュアー:
33歳の歯科衛生士、瑠璃子。実家住まい、職場との往復だけの日々。醜くくはないけれどとにかく地味。専門学校時代に一度しか男と付き合ったことがない。出会い系サイトで出会った7つ年下の男に簡単に騙されます。
いまどき、

33歳で結婚詐欺というのもちょっと変な感じというか・・・
33歳の時、大学の同級生はみんな独身だったし、仕事、頑張っていて、まだまだ美しく、恋人もいて、私生活も充実していて、
すでに33歳の時私は娘が幼稚園に行っていたので、みんな独身生活を楽しんでいるなぁと羨ましかったし、
33歳で焦っている人も全くいなかったような。


10年以上前でもそうだったのに、
今現在の33歳、結婚詐欺にあうほど焦ったりするのでしょうか・・・


主人公は美しい人なのに大人しく地味で、そして自分の中で好きなもの、大事にしていることが確立している。
独身できちんとした職業につき、自分の稼ぎをきちんと貯めて堅実に生活している人だもの、そうですよね。

だけれども、
なんとなく毎日、物足りないのですね。
穏やかな毎日、同じことの繰り返し。安定した生活。
自分は一生結婚できないかもなと、いつかマンションを買おうと貯金に励む。
人は人、自分は自分と思って生きてきたのに、
ある日妹が夫と離婚して、二人の子供を連れて実家に出戻ってきたことで、
母親には、「うちはいかずと出戻り姉妹で恥ずかしい」と言われ、
マンションを買って出ていこうかな、と考え始める。


そんな時、職場の同僚が、出会い系サイトで出会った人と結婚することになり、
自分もどうだろうか、誰かに出会えるだろうかと、サイトをのぞいてみると、好みの男性がいたのです。



すぐに意気投合して会うことになるのですが、
スタートの時点では、おかしい、自分なんかに興味を持ってくれるはずはないと怪しんでいるのに、
デートが楽しく、相手の男が優しく、浮かれてしまう。

派手な化粧をして着飾る周りの女性のようになりたいと思っていたわけでもないのに、
彼のために美しくなりたいと思う。

そして女性なら誰でも経験があると思いますが、
そんな自分が愛おしいんですよね。
誰かに会うために着飾る自分が。


でも相手の男は詐欺師。

ところが、
兄に頼まれ仕方なくやっていること。
そして彼は詐欺相手の瑠璃子のことが本当に好きになってしまうのです。


とはいえ、
詐欺はいずればれること。
二人の結末はどうなるんだろうと思ったら、意外な結末で。


女は強いんですよねぇ・・・
腹をくくったら本当に強い。


でも私なら、

最初に怪しいなと思った時点で、もう絶対だめですね、恋に落ちることなんてありえない。
好きだからと、怪しいことを見ないフリするなんて、私は性格的に絶対にできない。


それを恋のために見ないフリをしてまっすぐに突き進む瑠璃子は、瑠璃子なりの幸せをつかめるのでしょうけど。

私はそれならこのまま死ぬまで結婚しなくていいなぁ。


恋人はいるに越したことはありませんが(笑)



しかし、

そりゃないだろー!!!
と突っ込みたくなるところてんこ盛り。

33歳で、職業を持ち、自立した立派な大人の女性が、こんなにも弱い?甘い?

いやいや、そんなことないって。
もっと賢いでしょうと思うんだけど・・・


久しぶりに読むの、途中挫折しかけました・・・
お気に入り度:本の評価ポイント
掲載日:
外部ブログURLが設定されていません
yuko さん 本が好き! 1級 (書評数:143 件)

ブクレコ仲間から教えてもらってこちらにやってまいりました。
軽めの小説ばかり好んで読んでおります。
あまりうまく書けませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

1/10、 1級になってました!!!
みなさま、投票していただきましてありがとうございます!

読んで楽しい: 8票
参考になる: 15票
あなたの感想は?
投票するには、ログインしてください。

この書評へのコメント

  1. No Image

    コメントするには、ログインしてください。

書評一覧を取得中。。。
  • あなた
  • この書籍の平均
  • この書評

※ログインすると、あなたとこの書評の位置関係がわかります。

『蜘蛛と蝶』のカテゴリ

フォローする

話題の書評
最新の献本
ページトップへ