書評でつながる読書コミュニティ
  1. ページ目
詳細検索
タイトル
著者
出版社
ISBN
  • ログイン
  • facebookログイン
  • twitterログイン
無料会員登録

153 PV
レビュアー:
──そう、それは怪異の「パンドラの箱」。
なかなかコワイと評判だったので読んでみた。

ある小説家──、おそらくは小野さん自身に重ねているのだが、
以前に書いていたホラー小説(こちらも恐らく「ゴーストハント」のこと)
のあとがきに「怪異談をお寄せください」と書いたところ
読者からそうした手紙が送られてくるようになった。
これが連載となり、後に「鬼談百景」という1冊になっている。

が、自分はどうもこういう体験談がピンと来ない。
例えばトンネルで白い服を着た女性を見たとか
例えば何時何分に階段を昇ると1段増えるとか
例えば毬を持った銅像がドリブルをしながら追いかけてくるとか
いや、最後のは聞いたとき思わず吹き出したんだが。

何というか、映画のクライマックスだけ見たようで脈絡が分からない。
意味も分からない。
怖さだけを強要されるようで、現実感が薄いのだ。
が、本書はそんな「ありがちな怪異」の根っこを掴み、
知りたくない部分までもをずるずると引き摺りだしてしまう。

──そう、それは怪異の「パンドラの箱」。
「残穢」に手を伸ばしたら
貴方自身がその手に捕まれてしまうのだから──

小説家に1通の怪異が届く。
「マンションの部屋に何かが居るような気配が──、音がする」
ありがちな話だ。
「気のせい」で済ませてしまえば済むようなその微かな音を
「見よう」としてしまったばかりに、手紙の主は目の端に一瞬、
着物のように見える「何か」を写してしまう。

そうなると、もう無視はできない。
小説家と手紙の主は、部屋が事故物件だったのでは?と考える。
当然、そう考えるだろう。
だがそのような事実はなかった。
代わりに、他に「妙に人が居着かない部屋」があると分かる。

謎は一向に解けない。
「似たような怪異」と「人が居着かない団地」が浮かび上がり
怪異は時間と場所を広げ始める。
いくつか事故や事件にはいきあたるものの、
それらは「派生」したものであり、「原本」ではないように思える。

そう 想像だにしない遠い場所と時代から「穢れ」は来ていた。
「何か」があった場所から、人を介し、物を介し、
まるで怪異の宿主からウィルスが広がるように。
穢れの残り──、「残穢」は
ふと貴方の背後に立っているかもしれないのだ。

ストーリー自体は怖いものではない。と思う。
ただ本を閉じてぼんやり考えると、
それを知ったばかりに、何かを──
「残穢」を呼び覚ましてしまったのではないかという
薄いリアルが背中をそっと撫でていく。

「体験談」が切れぎれで脈絡のない、
意味不明なモノなのも、何だか納得してしまうのだ。
むしろそれを繋げてしまったら──、
貴方が、もしくは貴方の部屋が感染してしまうかもしれない。
いや、そんなことを考えてはいけない。

隣の部屋で、いえ貴方の後ろから今
畳を這うような音がしませんでしたか──?
お気に入り度:本の評価ポイント本の評価ポイント本の評価ポイント本の評価ポイント
掲載日:
はるほん さん 本が好き! 1級 (書評数:501 件)

歴史・時代物・文学に傾きがちな読書層。
読んだ本を掘り下げている内に妙な場所に着地する評が多いですが
おおむね本人は真面目に書いてマス。

年中歴史ブームと宗教ブーム。滋賀偏愛。
現在クマー、谷崎、怨霊、家茂ちょいブーム中。
老人ブームと平安ちょいブームも来てます。

ここ最近、社畜生活で時間がとれませんでしたが
やっと落ち着きました~~。

2016.06.06

ツイッターアカウント@harubooook

読んで楽しい: 11票
参考になる: 9票
共感した: 5票
あなたの感想は?
投票するには、ログインしてください。

この書評へのコメント

  1. はるほん 2016-03-30 08:34

    なかなか面白かったので、続けてコチラも買った。
    確かに「残穢」に出てきた話もあり、コレか!と思う。
    この半リアルを感じさせる作りは上手い。

    が、やっぱり自分には体験談集はどうも性に合わず
    途中でウトウトして、最後に爆睡してしまった。

    でも賃貸で一人暮らししてる人は、読まない方がいいと思われ。(笑)

    4
  2. michako 2016-03-31 00:15

    はるほんさんのレビューで、既にビビってます´д` ;
    こんな怖い本が読めて、
    なんで鳥さんがだめなんだろう(笑)

    3
  3. はるほん 2016-03-31 06:58

    >michakoさん
    いやだって、霊的なモノは見える人しか見えないけど
    トリはホントにいるじゃないですか!!
    霊は空からパン狙って攻撃したり
    突然部屋に飛び込んで来たりしないし
    羽広げて威嚇とかしないじゃないですかーー!(いないとは言えないか?)

    3
  4. No Image

    コメントするには、ログインしてください。

書評一覧を取得中。。。
  • あなた
  • この書籍の平均
  • この書評

※ログインすると、あなたとこの書評の位置関係がわかります。

『残穢』のカテゴリ

フォローする

話題の書評
最新の献本
ページトップへ